本文へスキップ

hatijyoujima morokoya


日付 写真とか・・・・
 2019/02/11  兵庫県から来てくれる武村さんチーム
半日釣でもはや入れ食い状態です
全部で14枚ですよ!
この日はあまりにも釣れるんで途中で釣りをやめたぐらいです(笑)

武村さんに「言われたとおりに釣れました!」って言われたときは嬉しかったなぁ~~~
この仕事をしてて一番嬉しいのは一釣り人としてお客さんと喜びを共有できることだと思います。
 2019/02/10  豊橋から来た内藤さんたちは長年の希望でもあった
八丈小島はシモダテへの釣行でした
しかし何故か鳥打から上陸しシモダテを通り過ぎコウダテへ・・・
一人は鳥打に残って釣をしてシマアジ二枚に尾長を3枚・・・
これってシモダテより鳥打のほうが良いんじゃないかな?
ちなみにコウダテは良型の口太が2枚でしたよ
 2019/02/09  と世亜端から来てくれた加藤さん
洞輪沢にある沖堤にて量方の口太を釣ってきてくれました。
先日おいらが行ったときはしこたま居たムロアジが全く居なかったみたいです・・・
どうなってんでしょうね?


長野県から来てくれた中澤さんも良型の口太を手に写真撮影です。
その他アカハタなんかも多数釣ったみたいでこの日の竿頭は文句無しで中澤さんだったみたいです。


もともとアカハタの多いところですから狙って釣れば結構釣れるかもです。
 2019/02/08  うわぁ~~~06トーナメント戻ってきたよぉ~~~(´∀`艸)♡
しかもピカピカしてて新品同様ですよ!
あと10年ぐらい使えたりして(笑)
せっかく買ったインパルトは控えにまわるしかなさそうな感じです。
やっぱりトルクがあったほうがここでは良いです。
しかし・・・何でおいらはハイギヤ仕様を買ったんでしょうか(-ω- ?)
多分見た目がかっこよかったんだね・・・
そういうのもありっちゃ~ありかな!?
人間味のある選択でしょ…..φ(-ω-。`)
 2019/02/06  千葉県の茂原磯副会長の山崎さんです。
立派な口太を先陣きって釣ってくれたよ!!
これが一枚目!!
そしてこのあとは大雨・・・強風・・・ムロアジ・・・などなど様々な難関に出くわすわけです


おいらは長年愛用し続けてきた06トーナメントがとうとう壊れてしまったため
急遽インパルトを購入しての初陣釣行です。
ハイギヤ的な位置づけなのかな少々トルクにおいては06トーナメントに分があるのかも?
しっかし今回のインパルトはデザインがあまりにも格好良いです



体が冷えすぎて食べる予定の無いカップヌードルも登場しました。


という訳で釣果はこんな感じでまずまずの大漁でした。
ムロに祟られた時はどうしようかと呆気にとられてしまいましたが
片っ端からタモを使って退治しました。
1時間ほど格闘すると彼らもここの堤防は少々ヤバイ・・・ぐらいの学習はするんです。
コマセに寄っても落ち着かずにすぐに散る・・・
餌さえ入ればチャンス到来です!!
ただし1時間もムロと格闘したおかげで背筋がバキバキに痛いんだよなぁ~~~(泣)
でも途方に暮れるよりなんぼかましだよ!

ちなみにこのムロアジは冷凍してクエ釣りの餌にしてしまう予定で冷凍しました!!
ただの虐殺ではないのであしからずです。
 2019/02/03  今回がつりデビューのこうしょうさんもアカハタのコツを掴んだらしく
結構釣ってきてましたよ!!
次回は青物かな?でもアカハタも捨てがたいよね(笑)


 2019/01/02  遅れてスミマセン
2月2日分のアカハタの写真です
型が本当に素晴らしくて午後からの釣果だけでも10匹と大漁でした。


せんださんも良型アカハタを量手持ちです。

 2019/02/02  2019年2月2日昨日のうねりは午後には無事にとれて
ウロウネへと渡船することができました。
今回はショアからのルアーフィッシング!!
アカハタ狙いでの釣行ですがもちろん青物の魚影があれば当然狙いたいところです。

釣果のほうはまた後ほどアップしますので宜しくです!


綺麗さっぱりとはいきませんが釣りができるぐらいには回復してくれたので本当に良かったですね
しっかしドローンで見るとウロウネはちっさいですね



2019/02/01 今日は東も西も大時化です!!
夕方ぎりぎりまで見てみましたがちっとも変化無しの海況でした。
この東のうねりは想像以上という人もいるんじゃないかな?
天気予報は西だもんね・・・


西は西で大時化どころの騒ぎではありません!
低堤が全部なくなるほどの大波ですから想像つきますよね
実はおいらのドローンでさえも向かい風のなか帰還するのは容易ではありませんでした。
しかもバッテリー50パーセントから撮影を開始したので本当にヒヤヒヤもんです
不時着も少し考慮したもんね。


copyright©20XX hatijyoujima morokoya all rights reserved.