本文へスキップ

hatijyoujima morokoya

新年明けましておめでとうございます!!
今年も全磯連神奈川県支部カレントフィッシングクラブの皆さんと一緒に年賀のご挨拶です。
なごみちゃんはママに叱られている最中なので写真での参加です。

日付 写真とか・・・・
 201901/30  昨日は久々にのんびりとすごす時間ができたので
梓が以前から行って見たいといっていたカフェにおでかけ!!
中には白玉やら落花生などが入っているベトナムの不思議な飲み物
蜂蜜がついていてお好みで風味や甘さを調節できます
まったりとした時間を過ごすにはぴったりとした飲み物でしたよ


他にもアロマ系の商品もたくさん取り扱っていて
素敵な香りがお店の中に漂っていました。


カフェに行った帰りに見つけたアサギマダラの成虫!?
しかし何故この時期にここに居るのかがまるで謎なのです。
様々なところに分布して1000km以上も渡りをする蝶ではあるのですが
本州付近に生息しているアサギマダラはこの時期は幼虫として過ごしていて
成虫になる時期は4月ごろのはずなのです。

しかもこの固体には羽に傷も無く素晴らしく綺麗な状態を保っていました。
南西諸島辺りから渡ってきたとしても結構傷だらけになるらしいのです。
 2019/01/29  腐食したインテッサGⅣの竿尻です。

アルミ製で錆びにくくはなっているものの当然ネジですからね
微量な砂や塩の結晶などが付着した状態で開け閉めすることで
そこに傷がつきそこから腐食が始まるわけです

ただこの状態だとねじ山がまだあるだけいいほうかもしれませんね
ただ完全に腐食してくれたほうが金属だけをぶっ壊して中からはがすこともできるので
そっちのほうが有難いこともともあります。

むしろ腐食を即したい場合には次亜塩素酸やアクリル系洗剤などで腐食を促進させることができます
その後に除去すると物凄い手間からなかなかの手間程度まで時間を省略さえることも可能です
ただし、あくまで自己責任ですけどね。

更に言うと竿尻のような密閉された場所だと綺麗にしようとして水道水で洗ったあとに
綺麗に水気をふき取らないままネジを締めると・・・・
そここら腐食してしまう可能性も全くゼロでは無いと思います。
当然水道水には次亜塩素酸が含まれているからなんです。
初期のマ○ターモ○ルは本当に腐食しやすかったのでびっくりしました。
綺麗に洗浄したはずが2シーズン目で押入れから出すとボロリ腐食していた人も多いかもしれませんね
水道水要注意なんですよ!!


そんなわけですべて解体!!
綺麗な竿尻も用意しました。


でこれで装着完了!!
シーズンが終わったら閉めないで開けっ放しのほうが良いかもですね
ただし尻栓をなくさないよう注意も必要ですよ

 2019/01/27  朝外を眺めると案の定八丈富士の頂上付近は薄っすらと雪化粧に包まれてました。
この薄っすらという状態でさえ八丈島では雪が積もったぁ~~~っと小躍りしてしまいます
めちゃめちゃ嬉しい!!
普段見慣れないもので子供から大人まで皆どことなく嬉しそうな雰囲気なのです。

長く放置しておいたおいらのインテッサGⅣ 175ー53の尻栓が腐食してしまったので
近日中にはその修理もしなければなりません
普段からとても風の強い島なので1.75号はやっぱり重宝するんですね
でもおいらとしてはアルマのほうがお気に入りかもしれません
竿の復元力はGⅣのほうが上だと感じる・・・
でもなぜか使い勝手としてアルマのほうが馴染むのです。
もう販売していない竿ですが良い竿だと思いますよ。
 2019/01/25  先日一光さんから頂いたお土産だよ
甲子園ボウルは全日本大学アメリカンフットボールの全国大会の決勝大会のことなんだよね
そしてそれをもじっての甲子園ボウロ・・・お菓子のことだよ!
さらに説明するとね正式名称は三菱電機杯第○○回毎日甲子園ボウルとなります。
更に更に深く掘り下げると最後につくボウルは会場の甲子園が丼ぶり型をしているので
英語でのbowlになっていて直訳すると甲子園丼となります。
これ・・・売ってると思うな・・・間違いなく売っているに違いないでしょ!!
横浜球場でも吉野屋の牛丼とか売ってるもんね


すべてのボウロにプリントがあるんだよ
凄い!!


 2019/01/23  今まで使っていたカッパが雨漏りしたり
サイズが4Lだったりと
なんだかてんやわんやだったこともあり
様々なものを新規購入!!

でもこれって安いカッパなのでそんなに長くは持たないかもしれないね。
3年ぐらいはもつだろうか・・・?

グローブは周りにゴテゴテ着いていると握りにくいので
シンプルなものをセレクトしました。


着るとこんな感じです
釣というよりスノボ風に見えますね
半年前より38kgも痩せたけど体格が大柄なのでサイズはLLです。  


あわせて40センチのセミハードバッカンも買ってみました。
普通のバッカンが在庫切れで致し方なくショルダータイプです。


ゴム素材のショルダーで布ではないので臭いとかはつかなそうな感じです
耐久性に疑問はあるものの臭いがつかないのは良いかもしれません
説明書きとかは特に無いけど横開きの蓋を閉めて風でばたつかせない工夫もできます
たださ・・・やっぱり普通のバッカンが欲しかったな・・・
 
 2019/01/19  二日目も似たような強風なので
やはりウロウネでの釣行です。
2日と同じ潮は続かないですねそれでもパターンは違えど
全部で8匹のグレを釣ってきました。
まずまずの釣果です。

スマホのレンズが汚れていたのかも
なんだか白いね・・・
 2019/01/18  愛知県から来てくれる隅田さんです。
良型の口太グレを手に写真撮影!!
風浦のウロウネでの兆候でしたが案の定この日は物凄い強風でした
何時もなら風の合間合間にある静寂のインターバルがありません・・・
瞬間最大20m近くは吹いていたはず。
そんな中でもグレは釣れるんです!!


何時も一緒に来てくれる木村さんです
綺麗なブルーの尾長グレが素敵でしょ48センチまで釣れましたよ


総合釣果はこんな感じです
色んな魚が居ましたがムロアジが少なくてホッとしました。


 2019/01/14  がまかつフィールドテスター小野さんとの最終日
この日は八丈島本島の西側に位置するナカッチョに渡船しました。
天候はめまぐるしく変わるものの周りの強風をよそに別天地のように環境は素晴らしいです。
潮のスイッチのオンオフがわりと解り易い場所で良い意味釣り人を一喜一憂させてくれる素晴らしい場所です
ただ、たま~に歩いてくる人がいるのがびっくりするのと
今回はいきなり巣潜りさんが登場して折角の時合がおじゃんになるなどいろいろドラマに書かない釣行でした。
全体的な釣果は良型の口太が3枚と小ぶりの尾長グレが6枚でした。
あと50センチ暮らすのアカハタもおまけに釣ってきました。


帰りの渡船から見える黒砂砂丘です
八丈島の自然の雄大さを感じさせてくれる場所でもあります


こちらは武村さんと千葉さんの釣果
本島周り渡船は神子様にて多種多様の魚を釣ってきてます
雨や雷に悩まされるもののなかなか変化に富んだ釣りができたみたいです。
それでも「まだまだやりようはあった」と武村さん
なかなかストイックな考えで僕もすごく気持ちはわかります。
 2019/01/13 釣行二日目は八丈小島の一の根においらを含めて4人で渡船 
しかし現場に着いたものの・・・
そこに居たのは無数のムロアジと大型のサメが6匹ほども確認しました。
まぁまぁ自然のいたずらですから仕方ないよね・・・
ただしロケーションは相変わらず素晴らしいので八丈小島の溶岩岩をバックに
がまかつフィールドテスター小野さんをかっこよく撮ることに勤めました。
雨嵐なので一眼は持参せずスマホでの撮影ですが最近のスマホは十分な灯りさえ捉えられれば
かなり優秀だと思います。
暗所では間違いなくiphoneに軍配が上がると思います。
おいらもiphoneに変えようかなぁ~~


 2019/01/12  がまかつフィールとテスターの小野さんです
釣行初日はおいらと二人でウロウネに渡船しました。
潮の変わり目変わり目にきっちり反応するところは流石です
常にあきらめないメンタルの強さも尋常ではありませんよ!!
小野さんの情熱にしっかりグレも答えてくれましたね



 2019/01/09  お知らせ
本日優宝丸の文則船長がうちに来ました。
連休は私用で東京に上京するため小島渡船を不動丸に一任するとのお知らせでした。
ですので連休の渡船は小島方面を不動丸、大根、ウロウネ方面を光進丸の体制で運行いたします。
天候さえよければ船が出ないという事態にはなりませんので安心していただけると幸いです。
よろしくお願い申し上げます

もろこや
   千葉県から来てくれた山根さんです
地磯のヨノモウにて43センチの尾長グレを1枚釣ってきてくれたよ
今回の釣行はうねりが出たり天候に恵まれなかったので本当にホッとしました。
魚が浮いてきて姿を見せる瞬間は何物にも変えがたいですよね。


 2019/01/06  東京都の浦野さんの釣果はなかなか顔つきの立派なクチジロです。
釣り場は八重根の低堤ですよ!
雨のなか本当にお疲れ様でした。


千葉県から来てくれる義田さんです
八丈小島はシモダテにて食い渋る尾長グレを1枚釣ってきてくれたよ
現場はギンユゴイが多いらしくおいらの経験でもその環境での釣は相当難しいです。
潮が変わるとギンユゴイも居なくなるので数少ないチャンスをものにするしかありません
もしくは鳥打に移動して釣るのも一つの手ではあります・・・

 2019/01/05  仙台から来てくれる三浦さんです
八丈小島はセイズコウにて43センチの尾長グレを頭に計2枚の釣果でした。
すべての鰭がとても美しく惚れ惚れするようなブルー色ですね

 2019/01/03  森下さんの最終日です
洞輪沢港の沖堤にて51センチの尾長グレを釣ってきました
口太が多い場所での50越えに正直おいらもびっくりです
女の子の尾長グレですね。


半日釣りで釣果は4枚!!
まずまずです。


神奈川県の江藤さんだよぉ~~
良型の尾長グレ45センチを頭に記念撮影!!
釣り場はウロウネでした。


総合釣果はこんな感じです!!
なかなかでしょ

 2019/01/02  神奈川県の江藤さんです
八丈小島はウツギにて50センチ弱の口太グレを2枚釣ってきてくれました。
状況はあまりよくなかったようですが流石です。


東京都の浅野さんです
末吉地区は沖堤にて良型のグレを2枚釣ってきました。


仙台から来てくれる三浦さんです。
ウロウネにて45センチのイシダイを釣ってきました。
かなりのしけだったみたいで一番高い場所の荷物置き場まで波が来たそうです
ですので危険になる前に沖堤防に避難しました。
 2019/01/01 森下さんです八丈小島は横瀬にてヒラマサと尾長グレを1枚づつ釣ってきました。
綺麗ないいヒラマサですよね!


今日から釣行開始の浅野さんです地磯はアブラドにて尾長グレを1枚釣ってきました。
浅野さんは体力的にタフな釣り人さんで地磯でもぐいぐい入っていける体力を持っているのです
若いって素晴らしいです。

copyright©20XX hatijyoujima morokoya all rights reserved.